【クリスタ】背景が描けるようになる最低限の知識の補足

はじめに

【クリスタ】背景を描けるようになる最低限のパース知識
※「この記事だけじゃよくわからないよ!」って方へ向け、「〇〇透視」系を厚く補足した記事を上げました! 最低限でいいから背景を描きたい人へ どうも、てる介です。 この記事は「背景は描きたいけど、めんどくさいなー」という方に向け、かな...

を読んでいただいてありがとうございます!
私なりの「最低限」だったんですが、説明不足な所が多く、「???」ってなっている方がいらっしゃったので、追加で説明します!(ごめんなさいね( ;∀;))

補足説明

パースの知識編

改めて、〇〇透視の違いって?

これは消失点の違いなんですが、ではまずそもそも消失点が違うと何が違うかというとですね、「奥行」の数が違います。(奥行=手前から奥への寸法)
(前記事で、背景の平行線が吸い込まれていく点と書きましたが、分かりにくかったので「奥行線」に変更しました

そして消失点が1つが一点透視、消失点が2つが二点透視、消失点が3つが三点透視となります。

奥行線(パース線)と、平行線

「一点透視と二点透視って何が違うの?」と悩まれる原因が多分「平行線」だと思います。
一点透視には「奥行線(パース線)」と「平行線」があります。「平行線」は視線に対して平行な線です。(アイラインと平行な線です)
一点透視の平行線には奥行きがつきません。
「地球は丸いのに延々に線を引いていても本当に平行か?」とか考えると、かなりややこしくなるので、一旦見える範囲に関しては「平行である」と認識してもらって構いません。
一点透視の所で追加で説明していくので、一点透視には「平行線」があるというのだけ覚えておいてください。
そして二点透視には(基本的※1には)平行線はないです。

では、実際に〇〇透視を使って描いた絵や写真を置いて解説していきます。(アナログ時代に描いた物なのでパースずれてるかもしれません。すみません)
そして各々で「消失点の取る位置」も解説していきますね。

※1 二点透視に平行線がないと書きましたが、街の風景的に(街角にあるビルとか)で一時的に平行線がある場合もあります。
基本的なパース線ではないと思って置いて下さい。
一点透視


(写真撮るのが下手で歪んでて二点透視に見えるかもしれませんが、一点透視です)

一点透視とは消失点が一つの背景です。奥行きは一つしかありません。
実際どこに消失点とアイレベルがあるかといいますと

こんな感じです。(手書き)

奥行線と平行線で仕上げました。一番楽な背景です。

消失点から出ている黄色い線が「奥行線(パース線)」です。
そしてその伸びた先の建物は「横の平行線」で描いてます。これがもし二点透視の背景ならば、平行線の部分もパース線で描かないといけなくなります。
「そもそも、なんで二点透視で描かなかったの?」と言われれば真顔で「めんどくさいから」と返します。

一点と二点の違いとか、捉え方の違いとかかなり頑張って色々考えたんですが、結局の所「めんどくさいから一点透視で描ける背景にしました」以上の答えはありませんでした。
めんどくさいから、一点透視で描ける背景を用意した訳です。

ただもちろん、二点透視や三点透視で描いた方が漫画やイラスト的に「イイ」のならば、それに合わせた方がいいです。
この場面を二点透視で描くなら、全体的にもう少し斜めに振ります。そうすれば二点透視になりますが、このシーンにその演出があった方がいいかと言われると「別に……」と思ったので一点透視にしました。

一点透視が楽する為の道具みたいに描き方になりましたが、まず一点透視でも背景を描くのはめんどくさいです。
私は二点透視でパースに時間割くより、一点透視でひたすら描き込みたいから一点透視を多用してますが、それは皆さまの作風に寄ると思うので好きなように描いて下さい!

一点透視の消失点の位置どうする?

「一点透視の消失点って結局どこにとればいいんだ?」と思った方もいると思いますが、基本は演出次第です。

例えばこの雑な絵、消失点は猫の魚ですね。これはなぜかというと、猫の魚に注視して欲しいからです。
一点透視だけ「アイレベル」+「消失点」の位置でW注視させることができます
パース線が集中線みたいになり、視線がそこに集まる訳です。
なので注視したいところがあればそこに消失点をもってきてます。

で、多分「ん……?じゃあさっきの一点透視の絵は? 建物に注視させたいんか?」となった方、いいですね!背景に興味持ってきましたか?(*’▽’)

ここの消失点には3つの意図があります。
これは手前の人と奥の人、どちらの人も見てもらいたいのでこれくらいの位置にしているのと、このコマ自体がこの女の子がこの消失点の先から今まで走ってきた後のコマなので、その道がわかりやすいようにしてます。
また、女の子の顔に消失点を持ってくると、女の子がアップなのでほぼほぼ奥行きが隠れて、平面な画面になる事を懸念してこの位置にしました。

……と色々解説しましたが、結論は「その場面(コマ)にあった消失点を考えて決める」しかないです。それを考えるのも楽しいですよ!

二点透視

二点透視とは、こんな感じで消失点(奥行)が二つある背景です。

一点透視と違い、二個消失点がありますね。
二点透視のうまみは「魅せたい面」が二つの奥行を使って見せれることです。

一点透視の風景を斜めに見たら二点透視になります。
「二点透視とかいる?一点透視だけでよくね?」と思いますか?私もです。
ただ漫画に関しては、二点透視を描かなきゃいけなくなる日が来ます。

これは勝手な持論なんですが、基本は一点透視でいいと思うんですよ。
でも、漫画だとどこかで二点透視がやってきます。どうやってやってくるかというとですね……

例えば、こんなコマがあったとしましょう。入口(?)の前に二人の女の子が立ってる絵です(相変わらず雑ですみません)

一点透視です。楽ですね。
しかし、この場所で会話でもさせているとですね……。

「斜めからのアングルほしいなー」となる訳です。
ずっと正面から描いてると見栄えがしないですからね…。

そうすると

こうして二点透視で描かなきゃいけなくなります。
というか演出上必要な時とかもあります。

最初に背景をどんなに一点透視で描こうが、それを斜めからカメラを撮ってしまうと二点透視になる訳ですね。
この迫ってくる感覚は、実際に漫画を描いていれば嫌でも味わいます。

二点透視の消失点の位置どうする?

これは斜めにどう振ったかによるのと、感覚の所が多いんですが正式なやり方はあります。(私は感覚でやってるのでアレなんですが)

それは人のパースに合わせる!

そうすると多分自動的に決まります。が、この辺私が全然やってないので(だからダメなんですが)
なんとなくの描き方を紹介します。

こうして斜めに振った時、人も若干斜めになりますね。
この人に対して並行にパース線をとります。

こんな感じですね!雑!!!!!

で、左側のパース線に関しても、なんとなく取ってます。
ちなみにこれ、後述しますが消失点が非常に近い所にあるので、もしこの入口の中とか描くと多分変な感じになります。広角すぎて……。

これ多分、自分でパース線動かしてもらうとわかるんですが、多少違っても「べつにいいかなー」って感じになります。
ついでなので、実際にやってみましょう。

左のパース線を、オレンジの所のパース線で描きなおしました。

べつにどっちでもよくないですか?

ただ、あくまでも最低限の背景の描き方なので、ちゃんとしたいならちゃんとした方がいいです( ;∀;)
入口のサイズをきちんと作ったり、人のパース……取ったりね……。
昔はやってました…昔はね…。

どうしても二点透視が描きたくない!

一点透視を駆使して描きましょう!!

描きたくなかったら描かなくていいのです。
画面外に一点透視の消失点取ったら、斜めに振った風になります。

三点透視

さて今回もこの中から……三点透視の背景……

こちら!!!

三点透視……三点の消失点がある奴。一番めんどくさい子。
二点透視と三点透視の違いは「あおり」「俯瞰」で、縦にパースがつくかつかないかです。
「じゃあどう切り分けるの?」と言われると、やはり描きたいシーンに合わせる……としか言いようがないです。

例えば高い建物等は見上げて描いた方が、臨場感が出ますし、ビルの上に居て下をのぞいた絵が描きたければ、俯瞰で描かないといけません。
後俯瞰の良さは、空間の把握がしやすいです。上から見下ろす図になるので、複数人の位置把握がしやすい訳ですね。

三点透視の消失点の位置どうする?

これは基本的には、二点透視と同じで人とかラフからどうにか取っていきます。
ちなみにこれ、すべての背景に言えることなんですが「人もいない、ラフもない、写真もない」状態から、なんとなく背景を描こうとするとびっくりするほど深い沼にはまります。
で、実際ラフとか、人とか写真とか居たら取るべき所って決まっているので、正直「消失点どこにとればいい問題」って「その時々」しか言いようがない訳です。

人から導く三点透視

とは言え、その辺丸投げだと「お前!!」ってなると思うので、人から導く方法だけ書いておきます……。

例えば、こんな感じの人がいるとします。虚無を見つめる人です。

人パースを適当にとりました。完全に感覚です。「こんなんかな~」位です。
ちなみにここできちんと描く人は、この箱の真ん中に線をとり、身体の真ん中とかを探して、ちゃんと書く訳ですね……。

そしてこれを元にパース定規で三点透視のガイドを作ります。

案外あってました。
(そもそもの人のパースがあってない気もしなくもないですね。左のパースガイドはもうちょい奥よりか?……と思いますが、まあそこまで違和感ないのでOKとします。(雑))
そして、これを元に背景を描き込んでいく訳です。

ちなみに……これわかりやすいように人にパース線なんて引いてみましたが、普段は「これくらいだろ~!」とパース線とかもなんもせずに描きます。そして爆死します。
クリスタで描くなら、なんとなしでパース定規作ってみてから、そっと人にもそれを当ててみて「大丈夫かな?」と確認した方が失敗は少なくなります

もっと細かい補足!

〇〇透視編

アイレベルって画面の中央じゃないとダメなの?

もしかしたら、パースを勉強した時とかに「アイレベルは絶対に画面の中央!!!」という感じの講座を見た事があるかもしれません。
漫画とかなら、別にどこでもいいのですが……ではなぜ「画面の中央」がいいとされているのか……。
それは、簡単に言ったら「一番見慣れた」構図になるからです。

画面の中央にアイレベル……というか注視したい物を持ってくるのは、TVとかでもそうです。実際にTVの画面を見てもらえると、話してる人とか注視したい物や場所等がほぼほぼ中央にいると思います。
これ何でかというと、多分一番見やすいからです。人は画面があったら、基本的には真ん中を最初に見ると思います。
で、そういう理屈があるからそれが先行して「アイレベルは絶対に画面の中央!」という感じになる訳ですね。

でも漫画に関しては、コマに描いた絵で視線誘導とかできる訳なので!ぶっちゃけどこでもいい訳です!
人だけのアップのコマとかだけ、よほどの意図がない限り中央とかにした方がいいかもしれませんが( ..)φ
結局どういう意図があるか、なので意図さえあれば何でもしていいと思います(*’▽’)

一点透視の消失点って画面とかコマの真ん中じゃないとダメなの?

もしかしたらパースの勉強をした時とか等に「一点透視は絶対に画面の真ん中に消失点取ってやれ!他でやるな!」と言われたことがあるかもしれません。
私も長らく一点透視といえば画面とかコマのど真ん中にあるイメージでした。
が、漫画とかイラストとかだと「どこでもいい」です。
ただ、気を付けないとゆがみます。その辺は「〇〇透視で描いた絵が歪んじゃう……」で書きますね。(消失点だけで言えば、本当にどこでもいいですけどね(*’▽’))

ちなみにちばてつや先生の背景は、消失点が画面にないことが多いらしいですよ!


(一巻貼りましたが、消失点とか背景いっぱい出てくるのは二巻です。というかこの漫画面白いのでお勧めです!!!!)

一点透視の消失点って、近くに二個描いちゃダメ?

これは……実はOKです!!!

かの宮崎駿監督も、「消失点は点ではなく円」とおっしゃってたそうですね!
ただ注意点が二つあって
①「消失点と消失点の間が広すぎる」②「消失点と消失点からなるパース線が交差する」はNGらしいです。

〇〇透視で描いた絵が歪んじゃう……

これなんですが、一点透視と二点透視/三点透視で違うのですが、めちゃくちゃざっくり行ってしまうと

一点透視は、消失点を中心とした円からずれるほどゆがみます。

この青い所(消失点)から離れれば離れるほどゆがむのです。
具体的に言うと、正面に正方形を描いてその対角線から求めた消失点からなる円からはみ出たところがずれていくらしいです。ややこしいですね。
なので一点透視=消失点の遠くに行きすぎるとゆがむ
位に覚えていて下さい(*’▽’)

二点透視と三点透視は、大体一緒なんで一緒に描いちゃいますが、一点透視と真逆で

二点透視/三点透視は消失点の近くに行くほどゆがむ

二点透視の場合は、消失点二つを〇で囲んだ〇へ近づくほど鋭利になります。

三点透視は二点透視の消失点二つ、+上下の一点の三つの消失点の近くに行けば行くほどゆがみます。

写真だと一点透視とか二点透視っぽくても縦線がずれてる……

これはもう写真あるあるですね。「え、お前……三点透視だったのか?」ってなりますよね。「でも真ん中あたりにアイレベルあるしなー」

写真はゆがみます。ってより、そもそも現実世界はすべて三点というか、三点以上の何かです。

パースの知識ってのは、結局の所立体物を「簡単に描けるようにする指標」以上の何ものでもないんですよね。
写真トレスしてると、「え、パース線からずれるんだけど!」っていうことが多々あります。
それは写真がずれているか、そもそも写真の中の背景が色々な〇〇点がごっちゃになってるかのどっちかです。

そういう時は、描けるように描いて下さい。
私の場合、二点透視だと思ってたやつが三点透視っぽくても、めんどくさいんで二点透視にします。
人のサイズとかにすら気を配れば大丈夫です。(二点透視っぽい三点透視を二点透視にした所でそこまでゆがまないとは思いますが(;’∀’)タブン……)

CAD習うと背景上手くなる?

CADはざっくり言うと「2D CAD」と「3D CAD」があります。
私は背景の為に「2D CAD」を習ったことがあるのですが……。
「特に?」って感じです(;’∀’)

唯一あれですね、ちゃんとした間取り図が描けるようになる位ですかね。
でも特につかなさ過ぎて、ほぼ忘れました(もったいない)
後は建築法的なちゃんとした屋根の幅とかが知れるとか……?
ちなみにJw-cadを習いました。フリーソフトなので、もし興味があれば!

ちなみに、「金ならある!漫画の為にCADを習う!」という方がいたら、ベクターワークスをお勧めします。目ん玉飛び出そうな金額しますが……。
3Dで家が作れるようになるってのは大きいです。私は目ん玉飛び出て買えませんでした。

最後に

最後に、読んでいただいた皆様へ。
ここまで読んでいただいてありがとうございます(*’▽’)
分からなかった方と、描いてみたい!ってなった方に向けてコメント書きましたので、どちらかで読んでください(‘ω’)ノ

あ、Twitterとかこちらとかに「ここわかんねーよ!!」コメントして頂ければ、基本的には追加いたしますのでよろしくお願いいたします~!

結局全然分からなかったという方へ

もし私の講座が分からなかったとしても「自分は背景向いてない」と思わないでください!!!
というか、私の講座だけじゃなく他の本とか読んで「あー全然わかんないし、自分はダメなのかも」なんて、思っちゃだめです。そんな事ないのです。(Twitterとかでも何人かいらして、申し訳なかったです)

そんな時は「お前の教え方わかんねーよ!へたくそ!」と思ってればいいのです。そして、次に行きましょう(*’▽’)(でも直で言われると凹むので思うだけにしといてください笑)
教え方とかは、正直合う合わないがあります。
この講座とかはかなり口調を崩してますし、すべてにおいてざっくり……雑に教えてます。
それが「ちょうどいい」と思う人もいれば「いやもっとしっかりやれ!」と思う人もいると思います。
そういう物だと思います。
ただ、向いてるか向いてないかは色々な本や講座で試してから決めて欲しいです。

私も10冊位パースの本とか読んで、ようやく分かった位で、でもまだまだ分からない事もあります( ;∀;)

この講座を読んでくださってことは、多少なりとも背景やパースに興味があったという事ですから、その興味をこの講座一つでつぶしちゃダメです。

ぜひ!色々見てください!

背景描きたくなったよ!って方へ

もしこの講座でそういう気持ちになってくれたのならば、とても嬉しい事です(*’▽’)
多分、今後背景を描いて行こうと思ったら私の講座だけじゃ足りなくなります。

普通のパース本もいいのですが、そのやる気がしおれちゃうともったいないですよね……。
そういう時は、とんでもない背景を見ましょう。「すごすぎる!!描きたい!」ってなると思います。……多分!

最近はめちゃくちゃ上手い背景絵師さんとかが、画集に講座を付けてくれたりもします。

【送料無料】 mocha 画集 「BACKGROUND ARTWORKS」 / Mocha (背景絵師) 【本】

とんでもねえ!と思ってた背景も、皆さんが今後勉強していけば描けるかもしれないのです!ワクワクしませんか(*’▽’)

上達の近道は、描くことと見る事です。ぜひやる気があるうちに色々見たり、描いたりしてやる気とか技能とか伸ばしていって下さいね(#^.^#)

今まで読んだことあるパースの本やら

最後に、今まで読んだことあるパース系の本を羅列して終わりといたします。

【中古】 プロの現場で使える パース講座 /加藤元浩(著者) 【中古】afb
created by Rinker
¥2,160 (2019/09/21 00:43:34時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,104 (2019/09/21 01:41:52時点 楽天市場調べ-詳細)

あ、ちなみに二点透視の時にでてきた写真はこちらの資料からです。
トレスとかオッケーな奴ですよ(‘ω’)ノ

コメント